Switch-push.com -ナニカのキッカケ-

ガーデニング、投資、一眼レフ、子育て、製品レビューなど。誰かのナニカのスイッチを押すキッカケになれば幸いです

スポンサーリンク



       [PR]▶ GMOクリック証券 株式取引なら岩井コスモ証券アマゾン売れ筋一眼レフ

MENU

初めてでも解る、ワンランク上の写真を撮る為の測光モード




今日は、測光モードについての基礎です。

初めてのうちは、そこまで気にする必要はないと思いますが、

 

測光とは、カメラが被写体の明るさをはかることです。

おもに三種類あります。

それでは、カンタンに見ていきましょう。

 

 

マルチパターン測光

カメラの画面全体の明るさをはかって、明るい部分、暗い部分をカメラが分析をして

全体的にバランスをとる測光モードです。

一般的によく使われる万能型の測光モードで、逆光時にも有効なモードです。

 

 

 

本当に一般的な測光モードで特徴もなにもありません。。。。

一番失敗の少ないモードといえます。

中央部重点測光

 

 

 

続いて、中央部重点測光。

 

画面の中央の明るさを基準にして明るさを決定します。

ピントがあっている場所ではありません。あくまでも、画面の中央です。

一例として、

このモードが有効な時は、背景が明るく、撮りたい被写体が中央にあり、

かつ暗い場合。

この場合は、中央の被写体の露出が基準となり、背景に影響されない写真が撮れます。

 

 スポット測光

 

マルチパターンと同じように逆光の時に有効ではありますが、

スポット測光は、ピントがあった部分の明るさを基準にします。

画面の中央や、全体ではなく、ピントのあった部分です。

 

私の一番すきな測光モードです。

コントラスト高い・明暗がはっきりしている(輝度差)があるときに

非常に有効なモードですね。

シルエットやマクロの時は必ず、スポットにしています。

   

20130815-3.jpg

 


140329-003.jpg

 

測光モードを変えるだけで、写真はがらりと変わります。

これも一眼レフで写真を撮るためのテクニックといえるでしょう。

これからの季節、さらに写真が楽しくなりそうですね。