読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Switch-push.com -ナニカのキッカケ-

ガーデニング、投資、一眼レフ、子育て、製品レビューなど。誰かのナニカのスイッチを押すキッカケになれば幸いです

スポンサーリンク



       [PR]▶ GMOクリック証券 株式取引なら岩井コスモ証券アマゾン売れ筋一眼レフ

MENU

一眼レフ 初心者 の為の三脚 選びの基準




 

今日は、三脚の選び方の基準についてです。

さっそく行きましょう!

自分の使う機材の重さを考える

昨日すこしお伝えしましたが、自分が普段使用する機材の重量を考慮して

三脚本体を選択しましょう!

三脚には耐荷重があります。それを超えることの無いように!

 

 

三脚は、三脚本体と雲台に別れ、それぞれ耐荷重を持っています。

もちろん、雲台と三脚本体が一体になっているものがありますが、

個人的にはオススメしません。雲台を取り替えることができれば被写体によって

雲台さえ取り替えれば三脚本体を変える必要が無いからです。

 

雲台=カメラを乗せる台

この写真は自由雲台というものです。

これを三脚に合体させるんですね。

 

 

 

 

 

つまり、雲台は自分の持っているカメラの重量が乗せられるものを選ぶ。

三脚は、雲台とカメラ(レンズ含む)が乗りますので。

 

例えば、

 

カメラ(レンズ含む)が1.5kg

雲台は1.5kgの耐荷重以上のものを選択。

そうすると三脚は必然的に3kg以上耐えることができるものを選ぶ必要が

出てきますね。

 

 

 

これらを考慮して重量さえクリアできれば、三脚として最低限安心することが

できます。

理想は、3倍の耐荷重をクリアすることですが、3倍となると価格も違ってきますので、

最低2倍はクリアできるといいと思います。

私の場合は、最大で約6kg(カメラ、レンズ、雲台)ほどになりますので、18kg以上を目安に三脚を選びました。

雲台を選ぶ

上記のように三脚本体を選んだら、次は雲台選びです。

このページにあげた雲台は自由雲台と言って、360度ぐるぐるまわります。

マクロ撮影なんかに非常に便利です。

 

ほかには、

 

2WAY

左右と上下の2方向に動かすことができます。

ビデオカメラのに用いられることが多いタイプです。

 

3WAY

左右、上下、縦横の切り替えの3つの方向に動かすことが可能。

風景写真などで非常に使い勝手がいいです。

 

基本的に今日までのことで、三脚を選べば機能としては問題なく選べます。

あとは好みの問題になると思いますが、三脚は通販NGですよ。

 

店頭で触ってくださいねー!