読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Switch-push.com -ナニカのキッカケ-

ガーデニング、投資、一眼レフ、子育て、製品レビューなど。誰かのナニカのスイッチを押すキッカケになれば幸いです

スポンサーリンク



       [PR]▶ GMOクリック証券 株式取引なら岩井コスモ証券アマゾン売れ筋一眼レフ

MENU

株価が気になって仕事に手が付かない→投資に向いていないわけではない




株式投資を初めて間もない方へ。

 

株価が気になって仕事が手に付かない、夜も熟睡できない。

そんなことになってませんか?

 そんなあなた、株式投資に向いてません。

 

 って訳ではありません。

慣れてないだけです。

 

本当に向かない人は、短期な人。

すぐに結果を求める人、ミーハーでネガティブ思考の人です。

全部当てはまるひとは向きません。

 

ウォール・ストリート

 

 

株式投資とは

 

投資 とは ウィキペディアにもあるように

 経営に参加する権利,配当をもらう権利,会社解散の際に残余財産をもらう権利

 が発生します。

 

 

 

つまり、会社の将来性に自己資金を投じるものであると考えています。

よって、今日や明日に成果がでるものではありません。

 

よく10年で資産を100倍にしたとか

10万を1億にしたとか、美味しい話を見たり、聞いたりしますよね。

 

全員が同じことを出来るわけではない。

決して簡単なことではありません。

そういった資産の作り方には必ず大きなリスクが伴います。

 

つまり、信用取引などを利用しているわけですね。

するなとはいうつもりはありませんが、

 

「 買いは家まで売りは命まで」

 

という格言があることを肝に銘じてください。

株価が気になって仕事に手が付かない人は絶対に信用取引には

手は出さないでください。

余計に仕事ができなくなりますww

 

株価 の変動に慣れよう

 

まずは、株価 の変動に慣れることです。

株の現物は会社が倒産にならない限り価値は0になりません。

(上場廃止になっても価値がなくなるわけではない)

 

とは言っても、毎日毎日下がり続ければ、心配になります。

はたして元の株価に戻るのか?

 

保証はありません。

 

 

よって、株式投資をする上で、損切りという行為は必要なことです。

しかし、将来性がある会社だと確信できる企業であれば、

そもそも損切りの必要はない。

 

例えばそーせい。

 

一時期、8000円→4000円→現在(6000円)という変動をしていますが、

ここ数ヶ月の話です。

 

8000円で購入した人が4000円の時に損切りしていれば

約40万の損失ですが、

 

同時期に8000円で購入した人で、 そーせいの将来は間違いないと思っている人はきっと4000円で買ったでしょう。

 

買値の平均は6000円となり、今は+になっているでしょう。

 

これはナンピン買いと言われる行為で時と場合によっては

危険な行為ですが、将来性のある企業であれば安く買えるチャンスと見ることも

できると言うわけです。

 

つまり、株式投資に重要なことは

 

①余力を残すこと(全力で買わない)

②自分が安心して持つことができる銘柄を選択すること。

③欲張らない

④いざとなれば損切りできること

 

心にゆとりをもって。

 

まずは、ディフェンシブ銘柄と言われる株を購入して

株式投資になれることから初めるといいと思います。

 

ちなみに、俺のディフェンシブ銘柄は

 

ジャステックともう一つある。

このもう一つは5年かけて、2.8倍になったので一旦売却。

 

でも売却に後悔している。

もう一度買い直したいので、人気化したら困る。

だから書かない。

 

弱小ブログで紹介したところ何の影響もないだろうけど。

少しでも知られたくないww

 

マネーポストなんかを読み漁るのもありかも。